妊婦が葉酸を摂る方法は食品以外にもあるのか

妊婦

妊娠する前から妊娠初期の母体は赤ちゃんを作るために細胞分裂が活発に行われます。
そのために妊婦の身体は通常の約2倍近くの葉酸が消費されます。
この大切な時期に栄養が足りない状態にならないようにしなければなりません。
妊娠初期の妊婦が摂ることによって赤ちゃんの栄養不足からあ守ってくれる効果があると言われています。
それだけではなく、妊娠初期に摂ることで近年増加傾向にある二分脊椎など脳やせき髄の先天異常のリスクから守ってくれるともいわれています。
造血効果によって赤ちゃんの栄養不足を補ってくれたり、妊婦自身の貧血を軽減してくれます。
妊娠している女性以外にも貧血でつらい思いをしている人が多いため、鉄分を補うために意識的に摂ることで改善されることもあります。
病院で相談してみると良いです。
葉酸がたくさん摂ることができる食品としてはレバーやほうれん草や小松菜などがあります。
しかし食品に含まれるものは熱に弱く、水にも溶けやすいので食品だけから摂ることはかなり難しくなります。
そのため、最近ではサプリメントからの摂取を推奨していることが多くあります。

サプリメント

サプリメントと一緒に飲む上で欠かせないのがビタミンB12です。
これは葉酸と協力関係にある成分なので同時摂取が必要となります。
サプリメントはビタミンB12以外にもカルシウムや鉄分などのミネラルも含まれています。
天然由来のもの、化学合成添加物が無添加であることなども大切な要素なので自分で情報収集していくことが大切です。
健康を維持していく上で欠かせない栄養素の一つです。