妊婦のビタミンaの適切な摂取量

妊婦

妊娠中にビタミンAを摂取しすぎると赤ちゃんが奇形になる可能性があると言われています。
しかしその一方で、厚生労働省はいつもよりたくさん摂るようにと推奨しています。
どちらを信じれば良いのか分からないという人も多いでしょう。
実はビタミンaにはベータカロチンとレチノールの2種類があります。
控えるべきなのはレチノールのほうです。
動物由来のレチノールは、水に溶けにくく、摂りすぎると体内に蓄積してしまい、赤ちゃんの奇形を招くことになります。
植物性由来のベータカロチンは摂りすぎた分は体外に排出されるので問題ないと言われています。
妊娠期のビタミンAの1日の摂取量目安は1日2700μgです。
周期別では初期?中期が700μg、後期は760μgとされています。
過剰に摂ると悪影響が出るレチノールは、マーガリン、卵の卵黄、デニッシュパン、レバー、チーズ、うなぎ、生クリームなどに含まれています。
量を制限したり、代用品で我慢するなどの対策をとるようにしましょう。
ベータカロチンはにんじん、かぼちゃ、ブロッコリーなの緑黄色野菜に多く含まれています。

野菜

妊婦がビタミンaを摂るする場合は野菜から摂るするようにしましょう。
緑黄色野菜には葉酸やビタミンなども豊富に含まれているので積極的に摂った方がよいでしょう。
ただし葉酸は食事からだけでは必要量が摂りしづらいのでサプリメントを摂ることをおすすめします。
ビタミンaの過剰摂取が奇形を招くと言われると不安になりますが、赤ちゃんが成長するうえで必要な栄養素であることも確かです。
正しい知識を身に付けて摂っていれば問題ありませんが、不安な場合はかかりつけの医師に相談してみましょう。