葉酸の摂取で辛いつわりを軽減

つわり

妊娠中の女性にとって、最もたいへんであると言われるものの一つがつわりでしょう。
それぞれ人によって個人差がありますが、一般的には六週目から七週目くらいに現れると言われています。
もちろん、全く症状が現れない人もいますし、中にはとてもひどくて歩くこともたいへんになる人もいると報告されています。
こうした方々の中には、葉酸サプリを飲んだら改善されたと言う人がいます。
実はその理由は、そこに含まれている成分であるビタミンB6にあると言われています。
このビタミンB6には、つわりを引き起こす原因とも言えるトリプトファンの代謝不調を正しく整える働きがあるということで知られているのです。

葉酸

実際、大勢の妊婦を対象に行なわれたある研究によりますと、多くの妊婦が吐き気や嘔吐を経験しているのに対して、この栄養素を摂取した妊婦の場合は吐き気や嘔吐が軽減したという結果が見られています。
逆に、この大事な栄養素が体内で不足してしまうと、体調の悪化などが見られる傾向にあるという報告がなされています。
このような研究結果をまとめてみますと、あの辛い症状を緩和させたり、効果的に予防するためには、この貴重な栄養素を含んだ葉酸を積極的に摂取することが必要であることが分かるでしょう。
もちろん、つわりによる吐き気や嘔吐を軽減させるのに必要な成分であるとはいえ、摂り過ぎは逆効果です。
葉酸サプリに配合されている量をしっかり確認して、賢く選ぶようにしましょう。